よくあるご質問

プロフェッショナルズ・オンデマンドの登録や案件紹介において、よくあるご質問を下記にまとめています。

01
サービス全般についての質問

Q
「フリー・独立のコンサルタント」とは何ですか?

A

弊社では、大手コンサルティング会社に正社員として属さず、『個人事業主、フリーランス、インディペンデントコントラクター、小規模の会社、等の形態で、コンサルティングサービスを提供するコンサルタント』と定義しております。

Q
どんな課題やテーマが依頼できますか?

A

戦略立案、既存事業、コスト削減…など、経営にかかわるあらゆる課題の解決から、その戦略や施策の「実行」を支援することまで、様々なコンサルティングテーマを依頼することが可能です。

Q
会社の業種や大きさに関わらず、依頼できますか?

A

売上数兆円の大企業から、売上数億円の企業まで、様々な規模の企業にご活用いただいております。

Q
PODに依頼するメリットは?

A

弊社の仕組みで、コンサルタントに依頼すると、プロジェクトの成功確率は高まり、またその結果、効果の出る可能性が高まります。ポイントは大きく3つあります。
① 弊社パートナー3,300人の中から人選。お客様は弊社推薦コンサルタントのレジュメを元にセレクト、面談を通じてコンサルタントを選択できるため、より最適な人材を、より早く選定できます。
② 契約締結前の調整はもちろん、プロジェクト進行時の各種調整や要望事項のすりあわせの場において、弊社スタッフがお客様とコンサルタントの間に入り様々な調整を行うため、トラブルの防止や早期収束等、プロジェクト進行がスムースに行えます。
③ 提案をするコンサルタントが、そのままプロジェクトも担当します。大手コンサルティング会社に依頼した場合、プロジェクトや進め方の提案・契約までは、優秀なパートナークラスのコンサルタントが行い、プロジェクトが始まると若手のコンサルタントが対応するなどの場合があり、プロジェクトメンバーも人選できないケースがありますが、お客様が選んだコンサルタントが関与します。

Q
コンサルタントを活用した経験がなく不安です。本当に成果が出ますか?

A

初めてコンサルタントを活用する企業様に対しても、弊社ワークスタイルラボが、コンサルタントの募集~評価・選定~契約まで進め方についてのアドバイスを無償で提供します。

Q
株式会社ワークスタイルラボのスタンスは、コンサルタントの味方ですか?クライアントの味方ですか?貴社のスタンスを教えてください

A

弊社はお客様やコンサルタントと末永い信頼関係を築くことを、何よりも大事にしたいと思っています。 自社の利益を求めるために短期の利益に走ることなく、本当にお客様にとって、プロジェクトにとって、どうすればいいのか?というポリシーを徹底することにより最終的には信頼をいただけるものと考えております。そのため、コンサルタントに肩入れすることもなく、クライアント様企業の事業価値が向上、プロジェクトがスムースに運営されるための対応を第一に考えるようにしております。

02
パートナーコンサルタント人材についての質問

Q
どのような経歴を持った方が多いのですか?

A

大きく2つにわけると、「コンサルティング会社を経て独立したコンサルタント」と「(コンサルティング会社を経ずに)事業会社を経て独立したコンサルタント」に分けられます。登録者の割合は、コンサルティングファーム出身の方が4割、事業会社出身の方が6割となっています。 コンサルティングファーム出身者は様々な種類のファーム出身者が登録しています。外資系戦略コンサルティングファーム出身者はもちろん、総合系コンサルティングファーム出身者、ITファーム出身者、人事ファーム、特化型ファーム出資者など、様々なコンサルティング会社出身のコンサルタントがいます。 事業会社出身のコンサルタントの過去のキャリアは様々です。業種別では、製造メーカー、サービス業、小売業、WEB・IT関係など、多種多様にわたっています。職種別では、総務・人事・経理などバックオフィス部門、企画開発、工場・生産部門、設計・開発部門、営業・マーケティング部門など、様々な職種に渡る企業の出身者がいます。 もちろん、事業会社とコンサルティング会社の両方を経験して独立した方もたくさんいます。

Q
コンサルタントって、口を出すだけで実行せず、成果にコミットしてくれないイメージがありますが…

A

10年、20年ぐらい前には、コンサルタントというと「綺麗な絵(戦略)を描く」というイメージが強く、また、それに対し「実行できない戦略で無意味だ」といったような批判もありました。 クライアントもコンサルタントも「成果」を生まなければ、プロジェクトを行う意味はないと考えている点は一致しています。あらゆる成果は「企画立案 → 実行」の2つのプロセスを経るわけですが、近年コンサルティング業界の中に「戦略を立てても実行しなければ意味がない」、「どちらかというと実行することの方が難しい場合があり、実行の方が価値が高い」といった考え方も出始めており、「実行支援」に力点を置いたコンサルティングサービスを提供しているコンサルタントも多くいます。 すなわち、 (1)計画を立てるプロジェクトもあれば (2)実行を支援するプロジェクトもあります。 机上の提案だけでなく、現場に入りこんで実行し、最後までやり抜く支援を行わせていただくことも提案させていただきます。

03
依頼内容に関する質問

Q
興味があるのですが、課題が具体的でなく、今すぐ頼むかどうかわかりません何を相談したらよいかわからないのですが…。

A

まずはサービスの説明をオンラインのお打合せやお伺いしてのご説明をさせていただきますので、当サイトのお問合せフォームからお問い合わせください。しつこい営業・勧誘などはしておりませんのでご安心ください。 また、弊社のサービスの概要のみならず、業界動向やコンサルティング業界全般の事もご説明させていただきます。実際のところ、お客様にとって弊社のサービスを使うより、大手コンサルティングファームに依頼した方が良い場合などもございます。そういった場合にも弊社のメリット・デメリット関係なく、クライアント企業様の企業価値を高めるための方法を一緒に考えさせていただきます。 なお、サービスをご説明後にも、コンサルタントに依頼する課題や求める成果を明確にするためなどに、何度か弊社POD(株式会社ワークスタイルラボ)のスタッフがディスカッションさせていただきながらプロジェクトのスコープをお客様と一緒に明確にします。

Q
コンサルタント1人から依頼できますか?大人数のチームでの提案は不要です。1人でプロジェクトを行ってもらうことは可能ですか?

A

もちろん可能です。 「コンサルファームに依頼すると3~4人のチームを提案してくるが、そんなに予算もなく、1人で良いのだが…」という場合にも是非ご活用ください。 「比較的小さな効果のために、コンサルタントへの小さな投資でもコンサルタントが活用できる」 「小さな規模の会社でも、一流のコンサルタントに依頼ができる」 そういう選択肢を多くの企業様に提供し、事業成長を最速で実現するご支援をさせていただきます。

Q
契約の期間に決まりはありますか?

A

1ヶ月、1週間、1日、1時間の単位でも契約は可能です。 「1ヶ月間、週2日」等の契約も可能です。「フレキシブルな対応」をお客様のご要望、ご予算、体制に合わせてご提案させていただきますので、ぜひご相談ください。

04
費用についての質問

Q
コンサルタントを雇う費用は、どれぐらいかかりますか?

A

訪問型(週1回~月1回訪問するプロジェクト)では1か月10万円~50万円程度。お客様先常駐型のプロジェクトだと1か月150万円/人月~350万円/人月超程度です。登録人材の専門領域・経験・実績等によりコンサルタント毎にフィーレートは異なりますので、予算を指定していただき、その範囲でできることを提案することも可能です。また、関与率・稼働率をを調整することにより、ご予算に合わせた提案をさせていただくことも可能です(たとえば、週のうち2日だけ訪問するなど)。 ※本ウェブサイトでご紹介するフィーレートは大よその目安です。詳しくは個別のご提案となりますので、お問い合わせください。

Q
費用についてよく分からない為、相場を教えて頂きながら、相談に乗って頂きたいのですが…

A


もちろん相談に乗らせて頂きます。予算を決めてご依頼いただくことも可能ですし、当社から見積もりを提示させて頂くことも可能です。「達成すること(成果、効果)」と「費用」の2つがベストマッチし、投資対効果が最大になるようにご提案させて頂きます。

05
サービスの流れ・利用方法や契約についての質問

Q
案件成立時の契約形態はどのようになりますか?

A

弊社と準委任型の業務委託契約を締結させていただきます。案件内容によっては、請負型のご契約でのご提案をさせていただく場合もございます。 詳しくはお問い合わせください。

Q
契約までの流れを教えてください。

A

お問い合わせ/ご依頼→内容確認→プロジェクト提案作成→ プロジェクト提案→提案評価→打合わせ→プロジェクトスタートとなります。


お問い合わせ/ご依頼
お問合わせフォーム、またはメールからお問い合わせ。

内容確認
弊社にて内容の確認。

プロジェクト提案作成
貴社が特定できない形で登録人材に情報を共有。提案を募集。

プロジェクト提案
登録人材からの提案内容を複数貴社に提示。

提案評価 貴社による書面ベースでの提案評価。良い提案がなければ、依頼しなくても構いません。

打合わせ
実際に面談をして、提案内容の確認、進め方について打ち合わせます。

プロジェクトスタート
契約後、提案に沿った形でのプロジェクトを開始することになります。

Q
お問い合わせから、プロジェクト開始まで、どの程度の時間がかかりますか?

A

最短で1週間、通常2週間~1か月程度とお考えください。 初めてお問い合わせ頂いたお客様には、弊社の事業・サービスの説明に伺わせて頂いております。まずは会社としてのサービスのご理解を十分にいただき、弊社として担当させていただく担当者もご理解いただくことで、まずはご信頼いただくが大切であると考えております。その際に依頼したいプロジェクト案件の概要をお伺いし、弊社に持ち帰り、依頼するコンサルタントの選定を弊社側で始めます。 その後お客様によるご面談や契約調整を同時に行いながら担当コンサルタントの選定を行い、正式にご発注いただいた後にプロジェクトスタートとなります。

Q
提案を依頼すると、何名程度のコンサルタントを提案して頂けますでしょうか?

A

案件内容によりますが、平均では3人程度になります。

Q
コンサルタントの提案を依頼したい時、どういう内容を伝えればいいのでしょうか?

A

コンサルタントが必要な場合には、分かる範囲で以下の項目を、メール・電話などでご連絡いただければ幸いです。 1.案件タイトル 2.クライアント名 3.案件概要 4.依頼事項・期待役割 5.必要スキル(must) 6.必要スキル(nice to have) 7.年齢レンジ 8.希望レベル 9.フィー(月単価) 10.必要稼働率 11.期間 12.稼働場所 13.その他

06
プロジェクトについての質問

Q
どのような流れで業務を行いますか?

A

課題・プロジェクトにより、色々な進め方があります。ご相談の上決定させてください。 売上向上、利益向上、コスト削減、組織力向上、モチベーションUPなど、「何をお客様のマネジメント、ステークホルダーが望まれるか?」によります。課題が整理前のケースも多いため、マネジメント層のアイデアの整理から入る場合も多々ございます。 課題解決の一般的な進め方は、以下のような流れで進めるのが標準的です。 1.プロジェクトの目的・対象とする業務など範囲の決定 2.ヒアリング、データ収集などを経た現状調査 3.原因の特定・分析 4.施策・打ち手の洗い出し 5.施策・打ち手の投資対効果の資産、評価および優先順位付け 6.実行計画、スケジュールの作成 7.打ち手・施策の実行、改善後のモニタリング もちろん、これ以外にも大胆な仮説を元にアジャイル型でのプロジェクト進行など、進め方は様々です。

Q
プロジェクトの期間はどれくらいになりますか?

A

1ヶ月から3年と、テーマによりバラバラですので、ご相談の上決定させてください。平均的なプロジェクトの契約単位は3か月から4か月程度でご発注いただき、リピートを繰り返して結果として2-3年にわたる関与となるケースもよくあります。