fbpx

コンサル業界ニュース

スポーツビジネス

スカイライト、東京Vとの資本・業務提携を語る 第1回「出資決定。そして成功報酬型のコンサルティング契約締結」

スカイライトコンサルティングは東京ヴェルディ1969フットボールクラブとの資本・業務提携を発表した。スカイライトの狙い、出資に至る経緯、現在の支援や今後について伺った内容を3回シリーズでお伝えする

2015.06.04

デロイトトーマツ、FC今治とトップパートナー契約を締結

デロイト トーマツ コンサルティング合同会社は、四国サッカーリーグ所属で、岡田武史氏がオーナーをつとめるFC今治とトップパートナー契約を締結、2015年シーズンから2年間のシーズンについて、トップパートナーとして応援することを発表した。

2015.04.03

東京ヴェルディとスカイライト コンサルティング、資本・業務提携およびコーポレートパートナー契約締結

スカイライト コンサルティング株式会社は、サッカーJ2リーグに所属するの東京ヴェルディ1969フットボールクラブ株式会社と、資本・業務提携を締結したことを発表した。今回の資本・業務提携は、スカイライトから東京ヴェルディへの出資、東京ヴェルディのコーポレートパートナー 契約締結が含まれている

2015.02.13

アビームのロゴが胸に。サッカーJ1モンテディオ山形ユニフォーム発表。

アビームコンサルティングは、経営に参画しているJリーグクラブチーム モンテディオ山形について、2015シーズン公式戦用ユニフォームスポンサーになることが決定したと発表した。 本ユニフォームは2015シーズン公式戦(明治安田生命J1リーグ、ヤマザキナビスコカップ、天皇杯 等)において、選手が着用するということだ。

2015.02.05

アビーム、モンテディオ山形のユニフォームの胸の位置に、山形新聞報じる。

今年からサッカーJ1に昇格するモンテディオ山形のユニホームスポンサーが決まったと山形新聞が伝えている。 同紙によると「株式会社モンテディオ山形設立に関わったアビームコンサルティングが新たに胸の位置につくことが分かった」とのことだ。県やJA全農山形など、県内JAグループがメーンとなった胸の「つや姫」は今季から背中に回りるという。スポンサー料は昨季の2倍近い1億円台半ばになるもようとのこと。

2015.01.15

アビームが経営に参画しているモンテディオ山形、J1昇格決定

アビームコンサルティングが経営に参画しているサッカーJリーグ モンテディオ山形が、12月7日に行われたジェフユナイテッド千葉とのJ1昇格プレーオフ 決勝を1-0で制し、J1への昇格を決めた。

2014.12.09

アビームコンサルティング岩澤社長のインタビューZDNet Japanに掲載。アビームクラウドから、ITコンサルの資質まで様々に語る

11月6日、ZDNet Japanはアビームコンサルティング代表取締役の岩澤俊典氏のインタビューを掲載。岩澤氏は、1966年生まれで大手総合商社を経て、1997年にデロイトトーマツコンサルティング(現アビームコンサルティング)に入社し、2009年より現職。

2014.11.07

Pickup

Feature

マッキンゼー出身の原聖吾氏が設立した医療系スタートアップが11億円の資金調達

マッキンゼー出身の起業家 原 聖吾 氏が2015年に起業した医療系スタートアップ「株式会社情報医療」(※以下「MICIN」)が、2018年4月末までに三菱商事株式会社など4社から11億円を調達したことを発表した。

2018.05.15

~INTERVIEW~A.T.カーニー石田真康が歩む戦略コンサルタントと宇宙ビジネス活動という2つの世界

宇宙ビジネスに取り組むきっかけ。それは、30歳を手前に病に倒れた時、少年時代に抱いた宇宙への憧れを思い返したことだった。石田氏は戦略コンサルタントとして活動しながらどのように宇宙ビジネスに取り組んでいるのか語ってもらった。

2018.01.10

~INTERVIEW~ 経営共創基盤の10年【第4回】コンサル業界の枠を超えたプロフェッショナルファームの実像

経営共創基盤(IGPI)の代表的な実績の一つが、東日本の地方公共交通など8社を傘下に持つ「みちのりホールディングス」への出資と運営だ。経営難の地方公共交通事業を再建しローカル経済にも貢献している意味でも高い評価を得ている事業。なぜ右肩下がりが続く構造不況業種の地方公共交通に出資したのか、どのように事業再生の成功にまでに至ったのか。みちのりホールディングス代表取締役の松本順氏(経営共創基盤・取締役マネージングディレクター)に聞いた。

2017.11.22


ページの先頭へ