マインドフルネスがビジネスリーダーに注目される理由。やり方や効果を解説 | コンサル業界ニュース

コンサル業界ニュース

ホーム > マインドフルネスがビジネスリーダーに注目される理由。やり方や効果を解説

2021.10.11 マインドフルネスがビジネスリーダーに注目される理由。やり方や効果を解説

昨今、ビジネスリーダーの間でマインドフルネスが注目されており、研修に導入する企業も増えています。そこで、今回はマインドフルネスがビジネスリーダーに注目される理由やマインドフルネスの効果、やり方等について解説します。マインドフルネスに興味がある方や試してみたい方などは是非、ご参考ください。

  

目次

  • ・マインドフルネスとは 
  • ・マインドフルネスの効果 
  • ・ビジネスシーンに広がった背景 
  • ・マインドフルネスがビジネスリーダーに注目される理由
  • ・実際に導入している企業例
  • ・マインドフルネスのやり方 
  • ・まとめ 

 

 

マインドフルネスとは

日本マインドフルネス協会によると、マインドフルネス(mindfulness)とは、“今、この瞬間の体験に意図的に意識を向け、評価をせずに、とらわれのない状態で、ただ観ること”と定義されています。 

マインドフルネスとは

マインドフルネスと聞くと新しい考え方のように思われるかもしれませんが、実は仏教の瞑想に由来し、東洋では約2,500年の歴史があるといわれています。

仏教本来のマインドフルネスは、仏教の教えとして説かれる要素の一つですが、現代のマインドフルネスは、元は医療を目的に登場した背景があり、1979年にマサチューセッツ大学医学大学院の教授で、同大でマインドフルネスセンターを創設したジョン・カバット・ジン教授が、痛みやストレス関係の病気を持つ人々のために、心理学の注意の焦点化理論と臨床的技法を組み合わせて「マインドフルネスストレス低減法(MBSR)」を開発したことが出発点といわれています。 

ジョン・カバット・ジン教授
ジョン・カバット・ジン教授
※画像引用:Jon Kabat Zinn Me Me Me

その後、マインドフルネスの効果がビジネス界から注目を集め、GoogleやAppleといったIT企業やシリコンバレーのスタートアップ企業でマインドフルネスに関するプログラムが導入されたことで、ビジネスシーンにおいても注目が高まっています。

 

マインドフルネスの効果

マインドフルネスは「今、この瞬間」にのみ意識を向けている「意識の状態」を表すものですが、マインドフルな意識の状態になることにどのような効果があるのでしょうか。ここでは、マインドフルネスの効果について解説していきます。

 

“今、この瞬間に意識を集中する”ことのメリット

学習や仕事などで机に向かったものの、考えるべきことと全く異なることが頭に浮かんでしまい、気がつけば結構な時間が経っていた…というようなことは誰もが経験したことがあるはずです。頭に浮かぶものが、答えが出ないようなネガティブな悩みばかりの場合、気が付かないうちにストレスが蓄積され、憂鬱な気持ちになったり、何も手につかなくなったり、よく眠れなくなったり、様々な問題につながる恐れがあります。 

マインドフルネス瞑想

「今、この瞬間に意識を集中する」というマインドフルな状態になることは、不安や悲しみ、怒りなど、今、感じる必要のないネガティブな意識に囚われることを避け、心を落ち着かせることにつながります。 

 

マインドフルネス瞑想で期待される効果

マインドフルネスが元々、医療を目的に研究されてきたことは前述しましたが、特に心理学や脳科学などの分野で研究が進み、昨今では様々な効果が期待されています。 

 

主な効果

  • ・集中力の向上
  • ・感情調整能力の向上
  • ・自己認識能力(セルフアウェアネス)の向上
  • ・自己統制力の向上

 

その他、間接的な効果

  • ・学習や仕事におけるパフォーマンス向上
  • ・ストレス耐性、ストレスからの回復力の向上
  • ・不安障害や不眠症、うつ病の改善
  • ・感情知性(Emotional Intelligence:EQ)の向上
  • ・他人への理解、思いやりの心の醸成
  • ・チームワークの改善
  • ・免疫機能の改善(慢性的な痛みの改善)

 

ビジネスシーンに広がった背景

1979年にジョン・カバット・ジン教授がマインドフルネスストレス低減法(MBSR)を開発した当初、MBSRがビジネスシーンから注目を集めることはありませんでした。 

マインドフルネスがビジネスシーンに広がる大きなきっかけとして有名なものには、元Googleのエンジニアのチャディー・メン・タンが開発したSearch Inside Yourself(サーチ・インサイド・ユアセルフ)というマインドフルネス・プログラムがあげられます。 

Search Inside Yourself(サーチ・インサイド・ユアセルフ)

チャディー・メン・タンは、Search Inside Yourselfプログラムの開発において「科学」を重視し、すべての議論が科学的に説明できるよう心がけました。また、現代の忙しいビジネスマンが実践しやすいよう、何年も修行せずに短時間で取り組める形にしたことも特徴の一つです。 

Search Inside Yourselfがビジネスシーンで注目された背景 

  • ・「科学」による宗教色の払拭 
  • ・忙しいビジネスマンが取り入れやすい「短時間」で行えるプログラム 
  • ・Googleという世界最高峰の企業での実践

 

マインドフルネスがビジネスリーダーに注目される理由

GoogleのSearch Inside Yourselfプログラムによって、ビジネスシーンへ広がったマインドフルネスですが、世界のビジネスリーダーたちは、マインドフルネスのどのような点に注目しているのでしょうか。ここでは、マインドフルネスがビジネスリーダーに注目される理由について解説します。 

 

ストレスとうまく付き合えるようになる

経営者はもちろん、コンサルタントや専門職、その他様々な分野で活躍するビジネスリーダーにとってストレスはつきものです。しかし、もしストレスを完全に無くすことが難しいとするならば、ストレスマネジメントの術を身につけ、ストレスとうまく付き合えるようになる必要があります。そして、マインドフルネスはストレスマネジメントの一環としても活用でき、効果を発揮することが期待されています。 

ストレスマネジメントのアプローチとしては主に、①ストレスの要因へのアプローチ、②ストレスに対する個人の心や身体・習慣といった特性へのアプローチ、③ストレス反応に対するアプローチなどが考えられますが、例えば、マインドフルネス瞑想の実践を続け、ストレス要因そのものを「ただ観る」ことで捉え方を変えたり、ストレス反応が心に出た際に呼吸を意識したマインドフルネス瞑想で心を落ち着かせるといったことも考えられます。また、そうしたマインドフルネス瞑想を習慣化する中で、個人特性としてストレスを感じにくい心や身体になるといった効果も期待できます。

ストレスマネジメントの対象範囲

こうしたストレスに対するマインドフルネスの効果については、近年、脳科学などの研究が進んでおり、マインドフルネス瞑想の実践を繰り返すことで脳の偏重体や海馬が活性化し、ストレス耐性やストレスからの回復力(レジリエンス)の向上が期待できると考えられています。また、そうした科学的なエビデンスが増えてきたことで、マインドフルネスに対するビジネスリーダーの注目が高まっています。 

 

リーダーシップにつながる

ビジネスリーダーは高い目標に向けて日々難しい判断を下し、時に失敗と向き合いながらも乗り越えなければなりません。また、上司や同僚、部下といった社内メンバーや外部のパートナー企業など、実に様々なステークホルダーと協力し合いながら業務を遂行しなければなりません。 

リーダーシップ

そうした中で重要となるスキルにリーダーシップがありますが、実はマインドフルネス瞑想の実践はリーダーシップにつながると考えられています。これはマインドフルネス瞑想の実践が感情知性(EQ)の向上につながり、EQの向上がリーダーシップにつながると考えられているためです。 

EQの研究で有名な心理学者のダニエル・ゴールマンは、EQを自己認識、自己抑制、動機付け、共感性、ソーシャル・スキルの5つに分類し、これらの5つの要素と事業部門の業績との関係を分析しています。その結果、業績の優れた経営幹部と平均的な経営幹部とを比較した場合、前者の経営幹部ほどEQの要素がリーダーの資質の中心へと位置するようになり、能力差のほぼ9割はIQではなくEQにあることがわかったそうです。 

感情知性(EQ)の要素
感情知性(EQ)の要素
※引用:Harvard Business Reviewを参考に作成

実際に導入している企業例

続いて、マインドフルネスを導入している企業例をいくつかご紹介します。海外企業ではIT企業をはじめ、コンサルティングファームや金融系などでもマインドフルネスが導入されています。国内ではYahoo!JAPANやmercari、sansanなど、IT企業を中心に導入が広がっています。 

マインドフルネスを導入している企業
マインドフルネスを導入している企業

Google

Search Inside Yourselfプログラムについて前述したとおり、マインドフルネスがビジネスシーンに注目されるきっかけをつくったのはGoogleです。約7週間に及ぶトレーニングを通じて、集中力や創造性の向上、ストレス軽減を図る目的で行っています。 

マッキンゼー・アンド・カンパニー

米国大手コンサルティングファームのマッキンゼー・アンド・カンパニーでは、社員の幸福や健康を重視し、自社開発のマインドフルネスプログラムを社員や外部企業に提供し、効果をあげているそうです。 

ゴールドマン・サックス

コーチングも含めた講習やアプリを用いた瞑想など、主にレジリエンスを目的としたマインドフルネスを研修に取り入れています。 

 

マインドフルネスのやり方

マインドフルネスというと呼吸への意識を高める「マインドフルネス瞑想」を想像する方が多いと思いますが、実は瞑想以外にもいくつかのやり方があります。例えば「歩く」、「対話する」、「書く」、「食べる」など様々です。「今、この瞬間」への意識を高めた状態をつくれるのであれば、瞑想以外の方法でも問題ないので、自分に合ったやり方を実践してみましょう。 

マインドフルネスのやり方
マインドフルネスの代表的なやり方

 

マインドフルネス瞑想

呼吸を整え、自分の呼吸への意識を高めます。様々な雑念が頭に浮かんできたら、雑念が頭に浮かんでいる自分の状態を認識しようとします。ここで無理に考えを改めようとしたり、考える事自体をやめたりする必要はありません。呼吸への意識を高めることと、その中で頭に色々なことが浮かんでいる状態を認識するということを繰り返すことが重要です。 

マインドフルネス ウォーキング

歩く中で足と地面の接触感覚や筋肉の張りといった身体の状態に意識を集中させ、認識しようとする方法です。瞑想が苦手な人や瞑想する時間がないといった忙しい方でも手軽に取り入れられる方法です。 

マインドフルネス リスニング

複数人での対話の中でマインドフルな状態を把握する手法です。相手をよく観察し、聴くことに意識を集中させることがコツです。対話の相手が必要なことと、多少の慣れが必要な点で他の手法に比べて手軽とはいえませんが、うまく実践できるようになるとビジネスシーンでの共感や環境認識力の向上が期待できます。 

ジャーナリング

テーマを決め、そのテーマについて集中して書くという手法です。「書く瞑想」ともいわれ、誰でも手軽にはじめることができます。テーマは悩み事についてでも、将来の自分についてでも何でも構いません。コツは5分や10分など、事前に書く時間を決めておき、書き始めたら難しく考えずに頭に浮かんでくるものをどんどん書き出すことです。 

この他にも、呼吸ではなく、身体の部位への意識を高める「ボディスキャン」という瞑想手法や、食事のみに集中する「マインドフルイーティング」といった方法もあります。 

 

まとめ 

今回はマインドフルネスがビジネスリーダーに注目される理由やマインドフルネスの効果、やり方等について解説しました。マインドフルネスは仏教をルーツとし、現代では医療を目的としてスタートしました。その後、心理学や脳科学など様々な側面から研究が進み、Googleの研修に導入されたことなどからビジネスシーンへと広がることになります。マインドフルネスはリーダーシップの中心的な要素である感情知性(EQ)を向上させることが期待されており、科学的エビデンスの増加も後押しとなり、昨今では様々な分野のビジネスリーダーから注目されています。 

今回、マインドフルネス瞑想をはじめ、いくつかのやり方をご紹介しましたが、マインドフルネスに興味があり、実践してみたい方は、まずはご自身のライフスタイルなども鑑み、無理なくつづけられるやり方から試してみてはいかがでしょうか。 

 

コンサル業界ニュースメールマガジン登録


 

Related article

Pickup

Feature

マッキンゼー出身の原聖吾氏が設立した医療系スタートアップが11億円の資金調達

マッキンゼー出身の起業家 原 聖吾 氏が2015年に起業した医療系スタートアップ「株式会社情報医療」(※以下「MICIN」)が、2018年4月末までに三菱商事株式会社など4社から11億円を調達したことを発表した。

2018.05.15

~INTERVIEW~A.T.カーニー石田真康が歩む戦略コンサルタントと宇宙ビジネス活動という2つの世界

宇宙ビジネスに取り組むきっかけ。それは、30歳を手前に病に倒れた時、少年時代に抱いた宇宙への憧れを思い返したことだった。石田氏は戦略コンサルタントとして活動しながらどのように宇宙ビジネスに取り組んでいるのか語ってもらった。

2018.01.10

~INTERVIEW~ 経営共創基盤の10年【第4回】コンサル業界の枠を超えたプロフェッショナルファームの実像

経営共創基盤(IGPI)の代表的な実績の一つが、東日本の地方公共交通など8社を傘下に持つ「みちのりホールディングス」への出資と運営だ。経営難の地方公共交通事業を再建しローカル経済にも貢献している意味でも高い評価を得ている事業。なぜ右肩下がりが続く構造不況業種の地方公共交通に出資したのか、どのように事業再生の成功にまでに至ったのか。みちのりホールディングス代表取締役の松本順氏(経営共創基盤・取締役マネージングディレクター)に聞いた。

2017.11.22


ページの先頭へ