アビームが調査、真の統合型ESG経営実現のための3つの壁:「日本企業における非財務情報活用とその実態調査」 | コンサル業界ニュース

コンサル業界ニュース

ホーム > 5.その他のニュース > .調査研究/コラム/オピニオン > アビームが調査、真の統合型ESG経営実現のための3つの壁:「日本企業における非財務情報活用とその実態調査」

2021.04.30 アビームが調査、真の統合型ESG経営実現のための3つの壁:「日本企業における非財務情報活用とその実態調査」

4月21日、アビームコンサルティング株式会社(以下、アビームコンサルティング)は、一般社団法人日本CFO協会(以下、日本CFO協会)と日本企業における非財務情報(ESG関連情報)活用とその実態に関する共同調査を行い、その結果を発表した。今回の調査は、日本CFO協会に登録する企業のCFOや経理・財務幹部(合計249社)を対象として、2021年3月に行われた。

本調査では、ESG経営にフォーカスし調査したところ、従業員5000名以上の大企業ほどESGに対する意識を高めており、59%の企業でESG専門部門を設置していることが明らかになった。また、「非財務情報(ESGデータ)の活用」を重視して活動している企業でも、81%は非財務情報をシステム管理できておらず、そのうち55%はデータの定義が未定義、社内に散在している状態であることが分かった。

今回、アビームコンサルティングが示した「真の統合型ESG経営」を実現するにあたってポイントとなる3つの壁は以下の通りであった。

▪重要性の壁:
「真の統合型ESG経営」の実現に向けたロードマップを可視化し、その第1歩として手元のESGデータで“ESGと企業価値の関係性”を分析するスモールスタートから変革を実現することが重要である。

▪収集・管理の壁:
企業の開示情報から様々なESGデータが取得可能なため、企業内に存在するESGデータ量を把握することが求められる。

▪推進者の壁:
「真の統合型ESG経営」の推進者であるCFOが、正しい外部の期待値を把握し、CFOや主管部門の連携を維持することが重要である。

詳しくはこちらのプレスリリースをご覧ください。

コンサル業界ニュースメールマガジン登録


 

Related article

Pickup

Feature

マッキンゼー出身の原聖吾氏が設立した医療系スタートアップが11億円の資金調達

マッキンゼー出身の起業家 原 聖吾 氏が2015年に起業した医療系スタートアップ「株式会社情報医療」(※以下「MICIN」)が、2018年4月末までに三菱商事株式会社など4社から11億円を調達したことを発表した。

2018.05.15

~INTERVIEW~A.T.カーニー石田真康が歩む戦略コンサルタントと宇宙ビジネス活動という2つの世界

宇宙ビジネスに取り組むきっかけ。それは、30歳を手前に病に倒れた時、少年時代に抱いた宇宙への憧れを思い返したことだった。石田氏は戦略コンサルタントとして活動しながらどのように宇宙ビジネスに取り組んでいるのか語ってもらった。

2018.01.10

~INTERVIEW~ 経営共創基盤の10年【第4回】コンサル業界の枠を超えたプロフェッショナルファームの実像

経営共創基盤(IGPI)の代表的な実績の一つが、東日本の地方公共交通など8社を傘下に持つ「みちのりホールディングス」への出資と運営だ。経営難の地方公共交通事業を再建しローカル経済にも貢献している意味でも高い評価を得ている事業。なぜ右肩下がりが続く構造不況業種の地方公共交通に出資したのか、どのように事業再生の成功にまでに至ったのか。みちのりホールディングス代表取締役の松本順氏(経営共創基盤・取締役マネージングディレクター)に聞いた。

2017.11.22


ページの先頭へ