クニエが調査、91%のサブスク事業が失敗しているという結果に | コンサル業界ニュース

コンサル業界ニュース

ホーム > 5.その他のニュース > .調査研究/コラム/オピニオン > クニエが調査、91%のサブスク事業が失敗しているという結果に

2021.04.12 クニエが調査、91%のサブスク事業が失敗しているという結果に

株式会社クニエ(以下、クニエ)は、全国の一般企業従事者のうち、事業化されたサブスク事業に携わった経験のある500名を対象に実態調査を行い、その結果を発表した。本調査は、事例から失敗要員を探り、サブスク事業の成功率を上げることを目的として行われた。

本レポートでは、最重要KPIの達成率が100%に満たない場合は計画未達であることから、最重要KPI達成率が100%以上を成功、100%未満を失敗と定義した。その結果、全体の91%が失敗しているということが明らかになった。本レポートで紹介されたサブスク事業失敗の特徴として、主に以下の点が挙げられる。

・顧客への提供価値として手軽さを売りにする一方、データの活用ができていない
・サービス提供に向けた準備が不十分(特に顧客サポートやメンテナンスの仕組み作り)
・KPIとして「継続率」や「顧客満足度」を重視するが、「利益」や「収益」の視点が欠けている

クニエは今回の結果を受けて、以下の4点が重要なポイントであるとした。

・「顧客満足度」だけを見ているとサブスク事業は失敗する。見るべきは「利益」である。
・「継続的なサービス改善」がないとサブスク事業は失敗する。「複数のプラン」を用意できるかが成否の分かれ道。
・「データの取得」が目的になるとサブスク事業は失敗する。取得データの活用や解約理由の把握により、解約防止やサービス改善につなげることが重要。
・「新規事業開発」としてプロセスが未整備だとサブスク事業は失敗する。体制と仕組みの整備は必須課題である。

詳しくはこちらのプレスリリースをご覧ください。

コンサル業界ニュースメールマガジン登録


 

Related article

Pickup

Feature

マッキンゼー出身の原聖吾氏が設立した医療系スタートアップが11億円の資金調達

マッキンゼー出身の起業家 原 聖吾 氏が2015年に起業した医療系スタートアップ「株式会社情報医療」(※以下「MICIN」)が、2018年4月末までに三菱商事株式会社など4社から11億円を調達したことを発表した。

2018.05.15

~INTERVIEW~A.T.カーニー石田真康が歩む戦略コンサルタントと宇宙ビジネス活動という2つの世界

宇宙ビジネスに取り組むきっかけ。それは、30歳を手前に病に倒れた時、少年時代に抱いた宇宙への憧れを思い返したことだった。石田氏は戦略コンサルタントとして活動しながらどのように宇宙ビジネスに取り組んでいるのか語ってもらった。

2018.01.10

~INTERVIEW~ 経営共創基盤の10年【第4回】コンサル業界の枠を超えたプロフェッショナルファームの実像

経営共創基盤(IGPI)の代表的な実績の一つが、東日本の地方公共交通など8社を傘下に持つ「みちのりホールディングス」への出資と運営だ。経営難の地方公共交通事業を再建しローカル経済にも貢献している意味でも高い評価を得ている事業。なぜ右肩下がりが続く構造不況業種の地方公共交通に出資したのか、どのように事業再生の成功にまでに至ったのか。みちのりホールディングス代表取締役の松本順氏(経営共創基盤・取締役マネージングディレクター)に聞いた。

2017.11.22


ページの先頭へ