マーサー「2021年グローバル人材動向調査」、柔軟性と流動性のあるキャリア再構築への投資が最優先課題 | コンサル業界ニュース

コンサル業界ニュース

ホーム > 5.その他のニュース > .調査研究/コラム/オピニオン > マーサー「2021年グローバル人材動向調査」、柔軟性と流動性のあるキャリア再構築への投資が最優先課題

2021.02.26 マーサー「2021年グローバル人材動向調査」、柔軟性と流動性のあるキャリア再構築への投資が最優先課題

2月18日、マーサージャパン株式会社(以下、マーサージャパン)は「2021年グローバル人材動向調査」の結果を発表した。本調査は、7300人の経営幹部、人事リーダーと従業員からの洞察をまとめたものであり、日本の人事部門リーダーは81名が参加した。

本調査によると、柔軟性と流動性のあるキャリア再構築への投資が日本企業の最優先課題であることが明らかになった。それに次ぐ優先事項として、スキルアップや再教育が挙げられており、ダイバーシティ、公平性、インクルージョンに関するデータ解析と洞察、将来のニーズ定義/改革が続いた。

調査結果の概要は以下の通りである。

・人々が現在も未来も成長できるよう協力:
日本の人事部門リーダーの72%が、自社がESGや多くのステークホルダーの利益を重視した事業アプローチに向けた取り組みを継続・強化していると回答。企業におけるすべての役員がESG指標に関する義務を共有しているかについて、グローバルで36%、日本は26%と低水準であった。

・新しい事業環境に向けた再教育により、従業員を変革:
2021年の変革に向けて集中すべき点として、企業に欠かせない人材に対するスキルアップ・再教育の強化(48%)、全従業員のスキルアップ・再教育への投資増加(41%)、人材と学習のエコシステムの拡大(40%)が挙げられた。

・職場体験を再設計し、社員に刺激と活力を与える:
リモートワークが拡大する中、人事部門リーダーの36%がメンタルヘルスに関する問題を早期発見できるよう管理職に対して、研修を行っていると回答した。また、31%が「身体的健康の問題に対処するためのサービスの追加を試みている」と回答し、30%が精神面/感情面でのウェルビーイング向上戦略の導入を計画している。

詳しくはこちらのプレスリリースをご覧ください。

コンサル業界ニュースメールマガジン登録


 

Related article

Pickup

Feature

マッキンゼー出身の原聖吾氏が設立した医療系スタートアップが11億円の資金調達

マッキンゼー出身の起業家 原 聖吾 氏が2015年に起業した医療系スタートアップ「株式会社情報医療」(※以下「MICIN」)が、2018年4月末までに三菱商事株式会社など4社から11億円を調達したことを発表した。

2018.05.15

~INTERVIEW~A.T.カーニー石田真康が歩む戦略コンサルタントと宇宙ビジネス活動という2つの世界

宇宙ビジネスに取り組むきっかけ。それは、30歳を手前に病に倒れた時、少年時代に抱いた宇宙への憧れを思い返したことだった。石田氏は戦略コンサルタントとして活動しながらどのように宇宙ビジネスに取り組んでいるのか語ってもらった。

2018.01.10

~INTERVIEW~ 経営共創基盤の10年【第4回】コンサル業界の枠を超えたプロフェッショナルファームの実像

経営共創基盤(IGPI)の代表的な実績の一つが、東日本の地方公共交通など8社を傘下に持つ「みちのりホールディングス」への出資と運営だ。経営難の地方公共交通事業を再建しローカル経済にも貢献している意味でも高い評価を得ている事業。なぜ右肩下がりが続く構造不況業種の地方公共交通に出資したのか、どのように事業再生の成功にまでに至ったのか。みちのりホールディングス代表取締役の松本順氏(経営共創基盤・取締役マネージングディレクター)に聞いた。

2017.11.22


ページの先頭へ